ペチュニアおばさんのプディングはハリーポッターに登場するデザートです。

英語、登場シーン、ファンによるレシピ動画、画像&リンクなどをまとめています。

スポンサーリンク




「ペチュニアおばさんのプディング」の英語

ペチュニアおばさんのプディング
Aunt Petunia’s Pudding

と一般的に呼ばれている。

物語の中では、
たっぷりと山盛りのホイップクリームとスミレの砂糖漬け
Pudding: a huge mound of whipped cream and sugared violets

または、単に
スミレの砂糖漬けデザート
the violet pudding
とされていた。

「ペチュニアおばさんのプディング」のハリー・ポッター登場作品

第2巻 ハリー・ポッターと秘密の部屋

「ペチュニアおばさんのプディング」の登場シーン

ダースリー氏が仕事の上客となり得るメイソン夫妻を夕食に招待した際に、ペチュニアおばさんが山盛りのホイップクリームとスミレの砂糖漬けの傑作のデザートを作った。

そのスミレの砂糖漬けデザートは、ドビーがハリーの頭の上に魔法を使って落としてハリーはデザートをかぶる。
映画では、メイソン夫人がデザートをかぶった。

現実世界の「ペチュニアおばさんのプディング」

「ペチュニアおばさんのプディング」は魔法のスイーツではなく、普通のスイーツ。
プディングは物語の中のオリジナルなもの。

現実世界ではこのようなデザートは特に存在せず、ハリーポッターのファンがこぞってレシピを開発している。

スポンサーリンク




レシピ