「ロックケーキ」は、ハリーポッターに登場するお菓子。

英語、登場シーン、現実世界での「ロックケーキ」の解説、レシピ画像&リンクなどをまとめています。

スポンサーリンク




「ロックケーキ」の英語

ロックケーキ
rock cake

「ロックケーキ」のハリー・ポッター登場作品

  • 第1巻 ハリー・ポッターと賢者の石
  • 第4巻 ハリー・ポッターと炎のゴブレット
  • 第6巻 ハリー・ポッターと謎のプリンス
  • 第7巻 ハリー・ポッターと死の秘宝

「ロックケーキ」の登場シーン

ハリー・ポッター、ロン、ハーマイオニーがハグリッドの小屋を訪れた際に、お茶受けに度々ロックケーキが出される。ロックケーキは歯が折れそうなくらい硬かった。

ハリーが4年生になる直前の夏休みに、ハグリッドからお手製ロックケーキがお誕生日プレゼントとして届く。

現実世界の「ロックケーキ」

「ロックケーキ」は魔法のお菓子ではなく、普通のお菓子。

小麦粉、バター、砂糖、卵、牛乳、レーズンなどのドライフルーツ、スパイスを入れて焼いたもの。
伝統的なレシピは小麦粉の代わりにオートミールを使っていて、第二次大戦中はイギリスの食糧庁(現在はない)が「ロックケーキ」を推奨していた。(オートミールの方が小麦粉よりも手に入りやすかったため)

岩のような形をしているのでロックケーキと呼ばれる。

ロックケーキは、アメリカではスコーンと呼ばれている。

スポンサーリンク




レシピ