ハリーポッター(ハリポタ)シリーズとゲーム「ホグワーツの謎」に出てくる魔法植物の
「毒触手草/有毒食虫蔓」。

その英語、特徴、効果・効能、登場場面などを紹介しています。

スポンサーリンク




魔法植物と英語名

毒触手草(2巻の訳)
有毒食虫蔓(5巻以降の訳)
Venomous Tentacula

毒触手草/有毒食虫蔓の特徴

毒触手草/有毒食虫蔓は、長い触手のあるトゲだらけの暗赤色の魔法植物。
歯が生えている。
背後から突然つかみかかることもある。

黒くしなびたさやのよう。
動いていないのにかすかにがらがらといった音がする。

魔法省では有毒食虫蔓の種はC級取引禁止品に指定している。
ずる休みスナックボックスの材料になる。

スポンサーリンク




登場巻とシーン

第2巻 ハリー・ポッターと秘密の部屋

薬草学の時間に、スプラウト先生マンドレイクを植え換える際に、歯が生えだしてきた「毒触手草」に気をつけるように生徒に注意した。

第5巻 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団

フレッドとジョージは「ずる休みスナックボックス」の製造のために、マンダンガス・フレッチャーから、こっそり有毒食虫蔓の種を買った。

第6巻 ハリー・ポッターと謎のプリンス

薬草学の授業中に、「有毒食虫蔓」が突然背後からつかみかかったりしていた。

第7巻 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団

ホグワーツ最後の戦いの際に、ネビルは、「有毒食虫蔓」を両手に持ち、死喰い人に巻きつけて、引き寄せた。

ホグワーツの謎

【質問】取引禁止品目Cクラスの植物はどれ?
【答え】有毒食中蔓


5年目第11章で、薬草学の授業前に、スプラウト先生から有毒食中蔓についての質問を受ける。
【質問】どうして有毒食中蔓の種を手に入れたいと思っているんですか?
【答え】

  • 「ふくろう」の試験勉強のため(知識+5)
  • 犯罪者に渡すため(勇気+5)
  • 20ベアトリス・ヘイウッドを助けるため(共感+10)
スポンサーリンク