「スペルマンのすっきり音節」、または「スペルマン音節文字表」はハリー・ポッターに登場する魔法界の学校、ホグワーツの教科書。

「スペルマン音節文字表(5巻日本語訳)/スペルマンのすっきり音節(6・7巻翻訳)」は、ハリー・ポッターに登場するホグワーツ魔法魔術学校の数占い学に使用する教科書。

ハーマイオニー・グレンジャーはホグワーツの5・6年生の時に使っている。

また分霊箱探しの旅に出た際にこの教科書を持って行き、「死の秘宝」の印の意味を調べるのに役立った。

バチルダ・バグショットの家にもあった。

スポンサーリンク




「スペルマンのすっきり音節」の概要

【「スペルマンのすっきり音節」の表題】

英語では、「Spellman’s Syllabary 」。

日本語版では、5巻で
「スペルマン音節文字表」

6巻、7巻では
「スペルマンのすっきり音節」

と翻訳されている。
日本語は統一されてないが、同一の教科書。

【対象教科】
数占い学・古代ルーン文字

【内容】
ルーン文字が書いてある本。
ルーン文字の翻訳に使える。

ハリーポッター作品での登場

  • 第5巻 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
  • 第6巻 ハリー・ポッターと謎のプリンス
  • 第7巻 ハリー・ポッターと死の秘宝