「よくある魔法病と傷害」はハリー・ポッターに登場する魔法界の書籍です。

スポンサーリンク




「よくある魔法病と傷害」の概要

【英語】Common Magical Ailments and Afflictions

【内容】魔法界にある、よくある魔法病と傷害について書いてある本。

よって、ハーマイオニーはハリーの額の傷の痛みについての情報を、この本で調べて見るといった。
だが、ハリーは無理だと思った。

ヴォルデモートが付けた傷で生き残ったのか唯一ハリーだけなのであれば、それは「よくある」ものではないからだった。

ハリーポッター作品での登場

第4巻 ハリー・ポッターと炎のゴブレット