「深い闇の秘術」はハリー・ポッターに登場する魔法の禁書です。

スポンサーリンク




「深い闇の秘術」の概要

【英語】
Secrets of the Darkest Art

【見た目】
擦り切れた黒革の古くて分厚い本

【内容】
恐ろしい闇の魔術の数々が記載されている禁書
分霊箱の作り方についても記載されている。

ハリーポッター作品での登場

ハーマイオニーはダンブルドア校長の葬儀が終わった後、誰もいない女子寮でアクシオ呪文を使って思いつきで、分霊箱の関する本を呼び寄せた。
その際、校長室から関連本と一緒に「深い闇の秘術」も女子寮の窓から飛んできた。

もともと図書館にあったものを校長室に移したと思われる。
ハーマイオニーの考察によると、もしも校長室に移したのがダンブルドアが校長になってからなのであれば、トム・リドル(後のヴォルデモート)は、この本を読んでいる可能性がある。

  • 第7巻 ハリー・ポッターと死の秘宝
  • ハリー・ポッター:魔法同盟