ハリーポッター(ハリポタ)シリーズに登場する、バチルダ・バグショット。

バチルダ・バグショットが一体誰で何ものなのか、書籍の原作や映画に基づいたプロフィール、写真画像、蛇ナギニや、グリンデルバルドとの関係、映画の女優、ファンの描いたイラストなどをまとめています。

スポンサーリンク




バチルダ・バグショットとは誰?何者?

バチルダ・バグショットは、とても有名な魔法史研究家で、ホグワーツの教科書「魔法史」の著者。

ゴドリックの谷に住んでいた。

グリンデルバルドとの関係

バチルダ・バグショットは、ゲラート・グリンデルバルドの大叔母。

グリンデルバルドがダームストラング専門学校を退学になった後、死の秘宝を探すためにイギリスに渡り、バチルダ・バグショットの家に滞在していた。

この時に、グリンデルバルドがダンブルドアと出会うことになる。

バチルダ・バグショットはグリンデルバルドをかわいがっていた。

ダンブルドアとの決闘に破れて投獄された後でも、自宅にグリンデルバルドの写真を飾っていた。

蛇ナギニとの関係

バチルダ・バグショットは死因は不明だが、殺害される。

蛇のナギニは、バチルダ・バグショットに化けて、分霊箱を探していたハリーたちを待っていた。

ナギニはヴォルデモートにハリーを引き渡す予定だったが、逃げられた。

個人データ

名前バチルダ・バグショット
Bathilda Bagshot
誕生日1873年以前
死去1997年12月24日以前
英国ゴドリックの谷にて
属種人間 魔法使い
性別女性
職歴●魔法史研究家
●「魔法史」著者
見た目小柄な老女
(ナギニが変身していた1997年時点)
親族ゲラート・グリンデルバルド
(又甥)
スポンサーリンク




登場作品

1巻、3巻、8巻は名前が出てきたのみ。
第7巻「ハリー・ポッターと死の秘宝」では、ナギニがバチルダに変身して登場しているので、本人自体の登場は一切ない。

映画キャスト 女優

ヘイゼル・ダグラス

ファンの描いたイラスト画像

スポンサーリンク