「防衛術の理論」は、ハリー・ポッターに登場するホグワーツ魔法魔術学校の教科書。

ハリー・ポッターが、5年生になる直前に買った教科書。

闇の魔術に対する防衛術の教師として魔法省から派遣されたアンブリッジが選んだもの。

実践的でない内容だったので、生徒たちには不評だった。

ハーマイオニー・グレンジャーが分霊箱探しに出かける前に本を整理して持って行く本を決めていた際に、「防衛術の理論」は即ゴミ箱行きとなった。

スポンサーリンク




「防衛術の理論」の概要

【英語】
防衛術の理論
Defensive Magical Theory

【著者】
ウィルバート・スリンクハード著
Wilbert Slinkhard

【掲載されていない内容】
防衛呪文の使うことに関しては全く触れていない。

「防衛術の理論」のハリー・ポッター登場作品

  • 第5巻 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
  • 第7巻 ハリー・ポッターと死の秘宝