Harry Potter ハリーポッター、「幻の動物とその生息地」の本に出てくる魔法生物・魔法動物(ファンタスティックビースト)のスニジェット Snidgetの名称の意味、MOM分類、原産地、生息地、概要、登場巻などを紹介しています。

スポンサーリンク




魔法生物

スニジェット。別名ゴールデンスニジェット。
Snidget/Golden Snidget

魔法省分類(M.O.M.分類)

XXXX:危険レベル。専門知識と技能を持つ魔法使いなら対処が可能。

生息地

世界各地

概要

スニジェットは、球体のような形をした鳥。体は黄金色で、目は赤く、鋭いくちばしが特徴。

非常に早い速度で飛び、羽の関節をうまく使って方向転換も機敏に行う。

11世紀に、クィディッチのゲームのスニッチの代わりに使われていた。ゲームでは、一羽捕まえると150点が加算された。

乱獲とクィディッチでの使用により14世紀半ばにスニジェットが激減したので、以降捕獲とゲームでの使用を禁止されている。

危険レベルがXXXXなのは、危険だからではなく、捕獲したり、傷つけたりすると、厳重な罰則があるため。

スポンサーリンク




登場巻

幻の動物とその生息地 (書籍)
クィディッチ今昔
スポンサーリンク