ハリーポッター(ハリポタ)シリーズに出てくる「ウィーズリー・ウィザード・ウィーズ」(WWW)で扱うジョークグッズの「何度も使えるハングマン首吊り綴り遊び」。

「何度も使えるハングマン首吊り綴り遊び」の書籍の原作に基づいた概要やファンアートを掲載しています。

スポンサーリンク




何度も使えるハングマン首吊り綴り遊び|ハリーポッター(ハリポタ)

「何度も使えるハングマン首吊り綴り遊び」(Reusable Hangman)は、フレッド&ジョージ・ウィーズリーが、ダイアゴン横丁の悪戯用品専門店「ウィーズリー・ウィザード・ウィーズ」(WWW)で販売するジョークグッズ。

「何度も使えるハングマン首吊り綴り遊び」は、WWWの店内で展示されていて、ハリーが訪れた時には10歳児がたくさん集まって見ていた。

その時は、木製のミニチュア人形が、本物の絞首台への階段をゆっくり登っていくところだった。

パッケージには、何度も使えることと、綴らないと吊るすことが記載されていた。

使い方については、明らかにされていない。

スポンサーリンク




登場作品

第6巻 ハリー・ポッターと謎のプリンス