ハリーポッターのスピンオフ、ファンタビシリーズ「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」の登場人物、クイニー・ゴールドスタイン。

クイニーのジェイコブとの関係、パリでの出来事など、闇落ちしてニュートやティナの敵となるまでの心情や経緯、プロフィール(杖、かわいい見た目と洋服ファッション画像など)、映画の吹き替え声優などを紹介しています。

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生のネタバレを少し含みます。
まだ映画を見ていない方は、スルーされてください。

スポンサーリンク




クイニー・ゴールドスタインのプロフィール

ファンタスティック・ビーストシリーズ(ファンタビ)の主要登場人物。
アメリカ人の半純血の魔法使い。

美人で、優れた開心術士。

イルヴァーモーニー魔法魔術学校を卒業し、アメリカ合衆国魔法議会(MACUSA)に魔法の杖認可局のつまらない事務仕事をする事務員として勤務。

ティナ・ゴールドスタインは姉。

ジェイコブとの愛の行方

クイニーは魔法使いで、ジェイコブはノーマジ(マグル)なので、付き合っても、結婚してもいけない、という法律があるので、禁断の恋をしている。

もしも一緒になって見つかると、クイニーが罰せられることになる。

二人の関係にティナは反対して、ティナとクイニーは仲違いをする。

ジェイコブはクイニーを愛しながらも、クイニーが罰せられることを危惧して避けようと必死。

クイニーゴールドスタインが、闇落ちして敵になった経緯

クイニーはジェイコブに魅了の魔法をかけて操り、新婚旅行気分でヨーロッパへ。

しかし、ロンドンでは、クイニーがジェイコブにかけた魅了の魔法をニュートが解除。

クイニーは2人からその行動を否定されて逃げ出して、ティナを探しにパリへ。

ディナを見つけられずに沈んでいるところに、ヴィンダ・ロジエールに声をかけられてお茶をする。

そこにグリンデルバルドが現れて、魔法界の現状の改革指針の話をきいて興味を示す。

グリンデルバルドの集会に参加して、ノーマジとの結婚を可能にする現状を改革する(と信じた)考えに賛同。

直後、グリンデルバルド陣営に加わる。
闇落ち。
直後、ニュートは魔法省陣営に加わる決意を表明。
これにより、クイニーは、ニュートやMACUSAの闇祓いの姉ティアと敵対する関係となる。

かわいいクイニーと洋服ファッション画像

スポンサーリンク





スポンサーリンク




スポンサーリンク




クイニーの個人データ

名前 クイニー・ゴールドスタイン
Queenie Goldstein
誕生日 1902年以降だが不明
出身 米国
属種 人間 半純血
性別 女性
職歴 アメリカ合衆国魔法議会(MACUSA) 魔法の杖認可局の事務員

外見

ストロベリー・ブロンド色
灰色がかった緑色
特徴 ●白人
●美人

学歴

出身校 イルヴァーモーニー魔法魔術学校
出身寮 パクワジ
スポンサーリンク




魔法関連(杖・能力)

基本杖 木材はバラ、持ち手は真珠層。他詳細は不明。
映画で使われた杖のレプリカは販売されている。

ファンタスティックビースト 1/1スケール魔法の杖レプリカ クイニー・ゴールドスタイン

 

能力 優れた開心術

家族

両親 名前は不明
ティナ・ゴールドスタイン
親戚 ニュート・スキャマンダー (義理の兄)とその親戚
アンソニー・ゴールドスタイン(遠縁)
スポンサーリンク




登場シーン

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(脚本書籍・映画)
物語の主要人物として登場。
ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(脚本書籍・映画)
物語の主要人物として登場。
Pottermore

映画役者 女優・吹き替え声優

女優 アリソン・スドル
声優 遠藤綾
スポンサーリンク