ハリーポッターに登場するペベレル家とは?
ペベレル3兄弟とその家系図をまとめています。

スポンサーリンク




ペベレル家とは?|ハリーポッター

ペベレル家(The Peverell)とは、ペベレル3兄弟から明らかになっている家系。
ペベレル3兄弟は「吟遊詩人ビードルの物語」に収納されている「三人兄弟の物語」のモデルとされている。

書籍「生粋の貴族-魔法界家系図」によると、男系は何世紀も前に途絶えているので、その姓を名乗る魔法使いはいないが女系が残っている。

ペベレル3兄弟とは?

「三人兄弟の物語」の物語によると、ペベレル3兄弟は旅をしていた。

あるとき、「死」が川で旅人が溺死するのを待ち構えて他のに遭遇。
しかし、三人兄弟は魔法で橋を作って渡る。

渡っている途中で、「死」は三人兄弟が死を回避したことを称えるふりをして別の死の機会を与えるために「死の秘宝」を渡す。

兄弟は以下の「死の秘宝」をそれぞれ一つずつもらう。

  • アンチオク・ペベレル(長男) ニワトコの杖
    決闘をして勝つが、その夜寝首を搔かれて殺害され、杖を奪われた。
  • カドマス・ペベレル(次男)蘇りの石
    蘇りの石を使い、かつて結婚したかった女性を死から蘇らせる。
    しかし、その女性は現世に馴染めなかったので、その女性と一緒にいるために自殺。
  • イグノタス・ペベレル(三男)透明マント
    透明マントで「死」から逃げ隠れする。
    長寿を全うして、子孫に透明マントをゆずる。

ペベレル家の家系図

アンチオク・ペベレル(長男)の子孫

アンチオク・ペベレルの子孫がいるかは明らかにされていない。

カドマス・ペベレル(次男) の子孫

イグノタス・ペベレル(三男)

ハリーポッター作品での登場