新種のクモが、ハリー・ポッターの物語に登場するキャラクター、アラゴグにちなんでOchyrocera aragogueと名付けられました。

ブラジルのパラ州にあるカラハス国立森林で見つかって、サンパウロのブタンタン研究所の研究者が2018年に記録しています。

ハリーポッターの物語に登場するアラゴグとは、アクロマンチュラ(大蜘蛛)でホグワーツの森番ハグリッドの元ペット。
禁じられた森に長く住んでいましたが、作中で老いて体を悪くしてなくなってしまいます。

新種のドクグモがOchyrocera aragogueと命名された理由は、明らかにされていません。

ですが、同時期に発見された数種類のクモは、Ochyrocera aragogueと同様に、ロード・オブ・ザ・リング、ゲーム・オブ・スローンズなどのキャラクター他、ファンタジーの物語のキャラクターにちなんで名付けられています。

スポンサーリンク




Ochyrocera aragogue】

画像は公式な情報源からは、公表されていないようです。

【ハリーポッターに登場するアラゴグ】

スポンサーリンク