ハリポタシリーズ、8巻「ハリー・ポッターと呪いの子」のみに登場するキャラクター、カール・ジェンキンズ。

カール・ジェンキンズの書籍原作に基づいたプロフィールを紹介しています。

スポンサーリンク




カール・ジェンキンズのプロフィール

カール・ジェンキンズは、アルバス・セブルス・ポッターと同級生。

8巻「ハリー・ポッターと呪いの子」のみに登場する。

1年生

飛行学の授業で、箒を全く動かすことができなかったアルバスのことを、カールは「スリザリンのスクイブ」と言ったていた。

2年生

カールは、魔法薬の時間にあいつ(アルバス)とヴォルデモートの子(スコーピウスのことを指していたが事実ではない)は相手にするな、という発言をした。

4年生

アルバスたちが逆転時計を使った別の世界でのヤンの言動は異なっていた。

2回目に行った過去の世界では、ヴォルデモートがハリーを殺害して、アルバスは生まれていない世界だった。
カールは、スコーピウスヤン・フレドリックスとともに、翌日の夜、何かを計画しているもよう。
カールは、「穢れた血」のはらわたをかっ切ろう、と提案した。

スポンサーリンク




カール・ジェンキンズ
のデータ

名前 カール・ジェンキンズ
Karl Jenkins
誕生日 2005年9月1日〜2006年8月30日の間
属種 人間 魔法使い
性別 男性
出身校 ホグワーツ魔法魔術学校(2015年入学)
スポンサーリンク