ハリー・ポッター(ハリポタ)の登場人物キャラクター、マダム・ピンス(イルマ・ピンス)。ホグワーツ司書のマダムピンスの書籍原作に基づいたプロフィール(スネイプとの関係他)と映画の役者俳優や声優などを紹介しています。

スポンサーリンク




マダム・ピンスのプロフィール

マダム・ピンスは魔法使いで、ホグワーツの司書。禿鷹そっくりの見た目で、短気。図書室では、ささやき、話し声、いびき、笑いなど、一切禁止な上、生徒が本を探すのに協力的でないので生徒からは嫌われている。

本を非常に大切にしているので、食べ物の持ち込みはもちろん禁止で、本を大切にしない相手に攻撃するように管理している本に呪いをかけている。

同じく生徒からの嫌われ者のアーガス・フィルチと親しくしている。

マダム・ピンスとスネイプとの関係

マダム・ピンスの名前はイルマ・ピンス Irma Pince。これをトムリドルがヴォルデモートの名前に組み替えしたようにすると、I am a Princeとなる。ゆえに、海外のハリポタファンの間では、マダム・ピンスがスネイプの母なのではないかとささやかれている。しかし、著者のJKローリングからはそのような発表がないので、少なくとも今のところはファンの妄想と期待に過ぎない。


スポンサーリンク




本名 イルマ・ピンス(マダム・ピンス)
Irma Pince
属種 人間 魔法使い 純血か半純血
性別 女性
職歴 ホグワーツ魔法魔術学校 司書

外見

禿鷹にそっくり。

スポンサーリンク




登場シーン

第1巻 ハリー・ポッターと賢者の石(書籍・ビデオゲーム)
第2巻 ハリー・ポッターと秘密の部屋(書籍・映画・ビデオゲーム)
第3巻 ハリー・ポッターとアズカバンの囚人(ビデオゲーム)
名前が出てきたのみ
第4巻 ハリー・ポッターと炎のゴブレット(書籍)
第5巻 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(書籍・ビデオゲーム)
ビデオゲームでは名前が出てきたのみ
第6巻 ハリー・ポッターと謎のプリンス(書籍)
Pottermore(J・K・ローリングのサイト)

映画役者 俳優・吹き替え声優

俳優 サリー・モルトモア
スポンサーリンク