ファイア・ウィスキーは、ハリーポッターに登場する飲み物。

英語、登場作品・シーン、ファイア・ウィスキーの概要などをまとめています。

スポンサーリンク




ファイア・ウィスキーの英語

Firewhisky
ファイア・ウィスキー

ファイア・ウィスキーが出てくるハリー・ポッター登場作品

  • 第2巻 ハリー・ポッターと秘密の部屋
  • 第5巻 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
  • 第6巻 ハリー・ポッターと謎のプリンス
  • 第7巻 ハリー・ポッターと死の秘宝
  • ハリー・ポッターと呪いの子

ファイア・ウィスキーの概要

ファイア・ウィスキーは魔法界で飲まれているウィスキー。
ブランドとしては、オグデンが製造しているオールド・ファイア・ウィスキーがある。

ハリー・ポッターが飲んだ時に、喉を焦がして、焼けるような感覚があるとのこと。

ファイア・ウィスキーの登場シーン

アーサー・ウィーズリーは紅茶にオグデンのオールドファイア・ウィスキーを入れて飲む時がある。

ホグワーツ5年生時にホグズミード村ホッグズ・ヘッドでロンはファイア・ウィスキーを注文したかったが、ハーマイオニーにたしなめられた。

三本の箒リータ・スキーターは、ファイア・ウィスキーを飲んだ。

ロミルダ・ベインは愛の媚薬入りのファイア・ウィスキー入り大鍋チョコレートをハリーにプレゼントした。

ムーディが亡くなった際、隠れ穴でビル・ウィーズリーが7人のポッター作戦の参加者や協力者12人にファイア・ウィスキーを振る舞い、ムーディに乾杯をした。

ビル・ウィーズリーとフラーの結婚式の際にもファイア・ウィスキーが振る舞われた。

大人になったロン・ウィーズリーとネビル・ロングボトムはホグズミードでファイア・ウィスキーを飲んだ。

スポンサーリンク