https://www.amazon.co.uk/Harry-Potter-Candy-Drooble-Blowing/dp/B003UV49A8

「ドルーブルの風船ガム」は、ハリーポッターに登場するお菓子。

英語、登場作品・シーン、「ドルーブルの風船ガム」の概要などをまとめています。

スポンサーリンク




「ドルーブルの風船ガム」の英語

ドルーブルの風船ガム
Droobles Best Blowing Gum

「ドルーブルの風船ガム」のハリー・ポッター登場作品

  • 第1巻 ハリー・ポッターと賢者の石
  • 第3巻 ハリー・ポッターとアズカバンの囚人
  • 第4巻 ハリー・ポッターと炎のゴブレット
  • 第5巻 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団

「ドルーブルの風船ガム」の登場シーン

「ドルーブルの風船ガム」は魔法界のお菓子。
味は作品で触れていない。
部屋中に風船が広がって、何日も膨れたままになる。

ハリー・ポッターはホグワーツ特急に初めて乗ったときに、車内販売でドルーブルの風船ガムを含めた全種類のお菓子を買う。

ホグワーツ3年生時に一人だけホグズミード村への外出ができなかったハリーに、フレット&ジョージ・ウィーズリーが忍びの地図をくれた。そのおかげで、ハリーは秘密通路を使ってホグズミード村へこっそりと行く。秘密通路の出口のハニーデュークスの地下から透明マントを被って店内に入ると、ドルーブルの風船ガムなどたくさんの魔法界のお菓子があった。

ホグワーツ4年生のクリスマスプレゼントにハグリッドからドルーブルの風船ガムやその他たくさんの魔法界のお菓子をもらった。また、ダンブルドアにどうしても会う必要があって、校長室へ続く階段を守るガーゴイルへの合言葉をドルーブルの風船ガムも含めていくつも試した。

聖マンゴ魔法疾患障害病院に入院している廃人となったネビルの母は、ネビルにドルーブルの風船ガムの包み紙を渡した。ネビルの祖母はあとでそれを捨てるように言ったが、ネビルはそれをポケットに入れた。

スポンサーリンク