Harry Potter ハリーポッターに出てくる呪文と魔法の
ディセンディウム
魔法呪文の用途、呪文の意味、登場場面のシーンなどを紹介しています。

スポンサーリンク




呪文・英語・発音

ディセンディウム
dissendium
dis-EN-dee-um

魔法の用途

隻眼の魔女の像に隠された、秘密の通路を開く。

呪文の語源・由来・意味

英語でdissociateは、分解する、分離する、断つ、引き離す、という意味。

スポンサーリンク




登場場面のシーン

第3巻 ハリー・ポッターとアズカバンの囚人
ハリー、フレッド、ジョージ、「忍び」たちが、ホグワーツからハニーデュークスの貯蔵庫へ抜ける秘密の通路を開くために使った。
pottermore-dissendium

*Narato様に、日本語版では「下降」と訳されて誤訳である可能性と、映画版「死の秘宝」で使われていることなどを教えていただきました。
Narato様、ありがとうございます。

語源を考慮すると「下降」はやはり誤訳ではないのかと思われます。
また、この訳はネットでも誤訳ではないのかと話題になっているようです。

pottermoreサイトのdissendium呪文の、公式な説明を調べてみました。
以下、抜粋です。

Opens the secret passageway concealed in the statue of Gunhilda of Gorsemoor

語源や呪文の用途の両方を考慮すると、「魔法を暴く」的な感じのニュアンスが感じられて、個人的には「解け」が一番しっくりくるような気がします。

ここでは、誤訳の疑いが濃厚なものや、個人的見解を掲載することなく、日本語訳なしで、単に「ディセンディウム」としておきます。

スポンサーリンク