ハリーポッターシリーズ(ハリポタ)や「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」(ファンタビ)に登場するニコラス・フラメルはなんと実在していた!

ニコラスフラメルは誰かというと、賢者の石を作った錬金術師という伝説のある実在の人物です。

ここではその実在の人物についてのみ、伝説や著作本、現存するパリで住んでいた家や住所などをまとめてます。

▶︎ハリポタ&ファンタビの物語上の登場人物ニコラス・フラメルについてはこちら

スポンサーリンク




ニコラス・フラメルとは?

ニコラス・フラメルとは、ブルジョワの写字生で書物販売人。

1330年ポントワーズ(パリ西北の郊外)に生まれ、13歳頃にパリ大学に入学したとされています。

その後、写字・写本の技術を学び、パリ大学公認の写字生兼書物販売人に。

1360~68年頃にペルネルと結婚。
1418年に88歳の時にパリで死去。

当時の人間としては長生きですが(今にしても長生きだけど)、流石に600年以上は生きなかったのですね。
魔法は使えない模様…

ニコラス・フラメルの伝説

ニコラス・フラメルが哲学者で錬金術師で、賢者の石を発明したという伝説は、没後17世紀になってから表れます。

哲学者として

ニコラス・フラメルは、旅人から昔夢に出てきたギリシャ語とヘブライ語で書かれた「アブラハムの書」というカバラ(神秘主義思想)の秘法書を得ます。

1379年スペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラへの巡礼の旅に出て、その帰りにレオンでユダヤ人の師のカンシュに出会いました。

秘法書を共に解読して、志半ばでカンシュは他界。

錬金術師として

ニコラス・フラメルはスペインからの旅の途中、錬金術に長けていたカンシュから、錬金術を学びます。

その技術により、財をなしますが、夫婦は慎ましく暮らし、教会や慈善団体に寄付。

教会や病院、礼拝堂などへの多くの援助を行います。

1382年1月、ついに「賢者の石」を発明!

その後、二度改良。

ニコラス・フラメルは1418年にこの世を去りますが、「賢者の石」の発明により、不老不死となったという伝説も残っています。
この伝説がハリポタ&ファンタビに採用されているというわけですね!

ニコラス・フラメルの本 著書一覧

ニコラス・フラメルが著したとされる本です。

  • 「象形寓意の書」(1413年 「アブラハムの書」の画像の写しとその解説)
  • 「賢者の術概要」
  • 「望みの望み」
  • 「聖務日課書」
  • 「洗浄器の書」
  • 「大いなる秘密の解明」他
スポンサーリンク




現存するパリ最古の建物、ニコラス・フラメルの家

1407年にニコラス・フラメルがパリに建てた家は、パリで最も古い石造りの建物として現存しています。
(パリ3区 51, rue de Montmorency)

By filip, via Wikimedia Commons

 

その建物は、現在レストラン「Auberge Nicolas Flamel」になっています。

Auberge de Nicolas Flamel @ Paris

Auberge Nicolas Flamel

住所:51 Rue de Montmorency, 75003 Paris, France
電話:+33 1 42 71 77 78
URL: auberge-nicolas-flamel.fr

メニューもおしゃれ!
2018年からミシュランガイドにも載っています。

View this post on Instagram

 

A post shared by Auberge Nicolas Flamel (@auberge_nicolasflamel) on