「ミンスパイ」は、ハリーポッターに登場するクリスマスのお菓子。

ミンスパイとは?英語、ハリポタでの登場シーン、現実世界での「ミンスパイ」の解説、まずいのか、レシピ画像&リンクなどをまとめています。

スポンサーリンク




「ミンスパイ」の英語

クリスマスプティング
Christmas Pudding

「ミンスパイ」のハリー・ポッター登場作品

  • 第3巻 ハリー・ポッターとアズカバンの囚人
  • 第4巻 ハリー・ポッターと炎のゴブレット
  • 第5巻 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
  • 第6巻 ハリー・ポッターと謎のプリンス

「ミンスパイ」の登場シーン

ハリーがホグワーツで過ごした3年生のクリスマス時に、ロン・ウィーズリーの母モリーからライオンの模様のある真紅のセーターとお手製のミンスパイ1クリスマスケーキ、ナッツブリトルが届いた。
4年生のクリスマス時には、ドラゴンの編み込みのある緑色のセーターとミンスパイが届いた。
5年生のクリスマス時には、ブラック邸で手編みのセーターとミンスパイを貰った。

スラグホーン先生はスラグクラブのクリスマスパーティで大きなミンスパイを持っていた。

現実世界でミンスパイとは?

ミンスパイはとは、魔法のスイーツではなく、イギリスの伝統的なクリスマスのデザート。
パイ生地にミンスミートを入れて焼いたパイ。
小ぶりのものが多い。

ミンスミートとは、干しぶどう、デーツ、プルーン、オレンジピールなどのドライフルーツや、レモンなどの柑橘類、リンゴなどをみじん切りにして、ブランデーまたはその他のリキュール、砂糖、ケンネ脂(スエット)、クローブ・シナモン・ナツメグなどの香辛料を加えて煮込み、数日間寝かせたもの。

ミンスパイはまずい?

ミンスパイに入れるミンスミートはメーカー、パティシエ、各家庭によってかなり違う。
ナッツが多かったり、激甘だったり、入れるドライフルーツの種類・産地・乾燥の仕方によっても味が変わる上、個人の好みがあるので何とも言えない。
よってまずいと思うものと美味しいと思うものの両方に遭遇することがある。

スポンサーリンク




レシピ

既製品で作る

ミンスパイを簡単に作りたいのであれば、市販のパイシートの上に、市販のジャムのように瓶に入ったミンスミートを包んで焼けば出来上がる。








手作りレシピ