ハリーポッターシリーズのファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(ファンタビ)の登場人物キャラクター、ギルバート・ビングリーについて、書籍の原作に基づいたプロフィール(家族、仕事、エピソード他)と映画の俳優と声優などを紹介しています。

スポンサーリンク




ギルバート・ビングリーのプロフィール

ギルバート・ビングリーは、アメリカのスティーン国立銀行のニューヨークの支店勤務の融資担当者。堂々としていて、完璧な立ち振る舞いの銀行員。家族は妻がいることがわかっている。

1926年12月6日、勤務先の銀行にてジェイコブ・コワルスキーのパン屋開業の融資の申請を担当。しかしジェイコブのケースは許可できる状況ではなかったので却下する。その直後に、ビングリーは銀行の地下の開いた金庫の前でジェイコブを発見。ジェイコブがお金欲しさに盗みを働いたと勘違いしたビングリーは警報機を発動させようとするが、ニュートに硬直呪文をかけられるて、ニュートとジェイコブは逃走。

2日後に、ニュートがサンダーバードのフランクを使ってニューヨークの全住民の最近の記憶を消す薬を雨のように降らせた際に、ビングリーはシャワーを浴びると同時にその薬を浴び、妻は歯磨きをしていてその薬に触れ、魔法に関する記憶が消えた。

ギルバート・ビングリーのプロフィール

名前 ギルバート・ビングリー
Gilbert P. Bingley
居住地 米国 ニューヨーク
属種 人間 ノーマジ
性別 男性
職業 米国 スティーン国立銀行 ニューヨークの支店の融資担当
映画
俳優 ピーター・ブライトメイヤー
声優 小島敏彦

外見・特徴

特徴 ●堂々としている
●完璧な立ち振る舞い

家族

名前や詳細は不明だが、妻がいる。

スポンサーリンク




登場シーン

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(シナリオ書籍・映画)
スポンサーリンク

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.