ハリーポッター(ハリポタ)シリーズに出てくる
魔法をかけたコイン(偽ガリオン金貨)とは?

その概要、登場シーンなどを掲載しています。

スポンサーリンク




魔法具・英語

魔法をかけたコイン(偽ガリオン金貨)
Enchanted Coins

魔法をかけたコイン(偽ガリオン金貨)の概要

変幻自在術をかけて情報を表示させるようにしたコイン。
マスターコインの情報を更新すると、同じ魔法をかけたコイン全てに更新情報が表示される。

スポンサーリンク




登場シーン

第5巻 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団

ハーマイオニーは、ダンブルドア軍団のメンバーの招集連絡用に魔法をかけたコインを用意して、全員に配る。

魔法をかけたコインは、ガリオン金貨をまねたコインで、ハーマイオニーが変幻自在術をかけた。
マスターコインの日付と時間などの情報を更新すると、他のすべてのコインの情報も更新されるしくみ。

本物の金貨は鋳造の番号が付いているが、このコインはそのかわりに日付と時間を表示するように使われた。

ハーマイオニーは、死喰い人の招集方法にヒントを得て、このコインを作った。

第6巻 ハリー・ポッターと謎のプリンス

ドラコはハーマイオニーの作ったコインを真似て、服従呪文で従わせていたマダム・ロズメルダとの連絡用に使った。

第7巻 ハリー・ポッターと死の秘宝

ネビルはダンブルドア軍団の招集に、魔法をかけたコインを度々使った。

スポンサーリンク