ハリーポッターがホグワーツで過ごしていたイースター休暇の内容をまとめています。

スポンサーリンク




ハリーポッターのイースター休暇の過ごし方

ハリー・ポッターはホグワーツ在学中、毎年イースター(復活祭)休暇の大半を宿題に費やしていました。

シェーマス・フィネガンは、宿題がありすぎて休暇ではない、とぼやいていました。

ロン母はなぜハーマイオニーだけ小さな卵チョコレートを送ったのか

ハリーたちがホグワーツの4年生時に、ウィーズリーおばさんから卵チョコレートが届きます。

ハリーとロンにはドラゴンの卵より大きいチョコレート、ハーマイオニーには鶏の卵よりも小さいチョコレート。

ハーマイオニーへのチョコ卵だけ小さかったのは、ウィーズリーおばさんが週刊魔女を読んだからではないかとハーマイオニーは思います。

週刊魔女には、リータ・スキーターが書いたハーマイオニー、ハリー、ヴィクトール・クラムの三角関係の記事が掲載されていた。

その直後、ハーマイオニーは多くの中傷や呪い入りの手紙が送られてきました。

ちなみに、ハーマイオニーはリータ・スキーターが違法の動物もどきであることを暴いてリベンジします。

ハリー・ポッターがイースターでもらったもの

図書館で卵チョコレートを食べて追い出される

ハリーは、ジニーからウィーズリーおばさんからの大きな卵型チョコレートにスニッチの砂糖飾りがついているものをもらう。
二人で図書館で食べたいたところ、マダム・ピンスに見つかり怒られて追い出された。

イースター休暇の終わりには、進路指導関係の小冊子などが寮におかれたり、掲示板に貼られたりしていた。

分霊箱探しの旅の途中に捕らえられる

ハリー・ポッターは分霊箱探しの旅の最中に、ハーマイオニーとロンと一緒に捕まってマルフォイ館に連れて行かれたが、ドビーの力を借りて脱出に成功した。


スポンサーリンク