「呪いのかけ方、解き方」Curses and Counter-Curses はハリーポッターに出てくる魔法界の本です。

副題は「友人をうっとりさせ、最新の復讐方法で敵を困らせよう」。
Bewitch your friends and befuddle your enemies with the latest revenges

ハリーがホグワーツ入学前にハグリッドに初めてダイアゴン横丁に連れられて行った際に、フローリシュ・アンド・ブロッツ書店で夢中になって立ち読みをした本。

ハリーがマグルの従兄弟ダドリーに長年の仕返しをするために読んでいた。

しかし、ハグリッドがマグル界では基本的に魔法が使えない決まりになっていることを諭した。

スポンサーリンク




『権力を手にした監督生たち』の概要

ヴィンディクタス・ヴェリディアン著。

ハゲ、クラゲ脚、舌もつれ、その他あの手この手のいたずらな呪文が書かれた本。

登場作品

  • 第1巻 ハリー・ポッターと賢者の石
  • ホグワーツの謎