「大鍋ケーキ」は、ハリーポッターに登場するお菓子。

英語、登場作品・シーン、「ナメクジゼリー」の概要などをまとめています。

スポンサーリンク




「大鍋ケーキ」の英語

大鍋ケーキ
Cauldron Cake

「大鍋ケーキ」のハリー・ポッター登場作品

  • 第1巻 ハリー・ポッターと賢者の石
  • 第3巻 ハリー・ポッターとアズカバンの囚人
  • 第4巻 ハリー・ポッターと炎のゴブレット
  • 第5巻 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
  • 第7巻 ハリー・ポッターと死の秘宝
  • ハリー・ポッターと呪いの子
  • ホグワーツの謎

「大鍋ケーキ」の登場シーン

「大鍋ケーキ」は魔法界のお菓子。
味や魔法がかかっているか、など関しては作品で触れていない。

ハリー・ポッターはホグワーツ特急に初めて乗ったときに、車内販売で大釜ケーキを含めた全種類のお菓子を買う。

ハリーは4年生になる直前や、5年生が終わってホグワーツ特急に乗った際に、大鍋ケーキを同級生たちとみんなで食べるためにたくさん買った。

リータ・スキーターが書いたダンブルドアの伝記によると、バチルダ・バグショットは大鍋ケーキを持って、ゴドリックの谷に引っ越したばかりのダンブルドア一家を訪ねたが、門前払いされたとのこと。

スコーピウス・マルフォイが初めて乗るホグワーツ特急で車内販売の魔女が大鍋ケーキを売っていた。

スポンサーリンク




ファンのレシピ



スポンサーリンク