ハリー・ポッターシリーズに登場するお菓子、
「シャーベットレモンキャンディ」。

その英語、由来、意味、登場作、買ったファンのレポートなどを紹介しています。

ダンブルドアの好きなマグルのお菓子(イギリスの伝統的な駄菓子)で、USJ ハニーデュークスでも販売しています。

スポンサーリンク




お菓子名・英語

シャーベット・レモン(書籍邦訳ではレモン・キャンディ)
Sherbet lemon

シャーベット・レモン(レモン・キャンディ)とは?その意味や由来

日本語書籍の翻訳では、「レモン・キャンディ」。
英語ではSherbet lemon(シャーベット・レモン)。

ダンブルドアによると、マグルのお菓子。

現実世界で、シャーベット・レモンはイギリスの伝統的なお菓子。

レモンの形をした飴で、中心にはシュワシュワと弾ける炭酸ソーダが入っている。
その炭酸ソーダの部分がシャーベットと呼ばれる。

スポンサーリンク




登場シーン

第1巻 ハリー・ポッターと賢者の石(書籍)

ハリーがダーズリー家に引き取られる夜に、プリベット通りでダンブルドア校長マクゴナガル先生にシャーベット・レモンを勧めるが先生は断る。
ダンブルドアはいくつか食べる。

第2巻 ハリー・ポッターと秘密の部屋(書籍・映画)

マクゴナガル先生はハリーを校長室に連れて行く。
3階の廊下の中程にある大きな醜いガーゴイル像に合言葉の「シャーベット・レモン」と唱えて校長室への動く階段を出現させて、グリフィン像のあるドアへ導いた。

第4巻 ハリー・ポッターと炎のゴブレット(書籍)

ダンブルドアを呼びに行くために、校長室へ向かおうと、2年前の合言葉「シャーベット・レモン」を唱えたが合言葉は変更されていた。

スポンサーリンク




イギリスで売っている駄菓子のシャーベット・レモン

https://www.britishcornershop.co.uk/bassetts-sherbet-lemons
britishcornershop.co.uk

https://www.john-bull.com/products/sherbet-lemons

https://www.john-bull.com

スポンサーリンク




ファンが買ったUSJハニーデュークスのシャーベットレモンキャンディのレポート

アメリカ製。

スポンサーリンク