ハリー・ポッター(ハリポタ)に出てくるキャラクター、
アメリア・ボーンズとは?

魔法省の魔法法執行部部長、アメリア・ボーンズについて、書籍の原作に基づいたプロフィール、その最後、映画の役者俳優と声優などを紹介しています。

スポンサーリンク




アメリア・ボーンズのプロフィール

アメリア・ボーンズは魔法省の魔法法執行部部長。
偏見なく、公平な判断をする人物だと言われている。

ハリーと同級生でハッフルパフ寮のスーザン・ボーンズ叔母。

弟のエドガー・ボーンズは不死鳥の騎士団の創設メンバーだったが、過去に死喰い人に一家全員殺害される。

アメリア・ボーンズは、ハリーが吸魂鬼に襲われた件の尋問を担当。

アメリア・ボーンズの最後

アメリア・ボーンズは死喰い人に殺害された。
才能ある魔法使いで、激しい戦闘の跡があったので、ヴォルデモート本人に殺害されたと魔法省は推測している。

密室で惨殺されたので、マグルの新聞でもかなり騒ぎ立てられた。(6巻)

アメリア・ボーンズのデータ

名前 アメリア・ボーンズ
Amelia Bones
没日 1996年7月8〜14日の間
属種 人間 魔法使い
性別 女性
職業 魔法省 魔法法執行部部長
特徴 白髪のショート。
片メガネを着用。
よく響く低い声で話す。

家族

名前が出てきた家族。

エドガー・ボーンズ
スーザン・ボーンズ
スポンサーリンク




登場作

  • 第5巻 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
  • 第6巻 ハリー・ポッターと謎のプリンス
  • 第7巻 ハリー・ポッターと死の秘宝(映画のみ。画像で)

映画役者 俳優(女優)・吹き替え声優

女優 シアン・トーマス
吹き替え声優 一柳みる
スポンサーリンク