Harry Potter ハリーポッターに出てくる呪文や魔法で
Switching Spell 取り替え呪文
の用途や登場場面のシーンなどを紹介しています。

スポンサーリンク




魔法

取り替え呪文
Switching Spell

魔法の用途

物と物を取り替える。

スポンサーリンク




登場場面のシーン

術者 場面
第1巻 ハリー・ポッターと賢者の石
ハーマイオニー
グレンジャー
変身術の授業の時に、この呪文を習う前にハーマイオニーが説明をすることができた。そのため、マクゴナガルがグリフィンドールに点数を加算してくれた。
第4巻 ハリー・ポッターと炎のゴブレット
ネビル 変身術の授業で、ネビルは、ミスってサボテンに自分の耳を移植してしまった。マクゴナガルは、このような簡単な呪文をできないネビルにダームストラングの学生の前でさらさないように注意を促した。
ハーマイオニー
グレンジャー
三大魔法学校対抗試合の第一の課題で、ハーマイオニーはドラゴンの牙をグミか似たようなものにこの呪文で変えたらいいとハリーに言った。
ハリー
ポッター
OWL試験の筆記テストの時に、この魔法の定義を忘れた。
スポンサーリンク