ハリーポッター(ハリポタ)シリーズに出てくる魔法呪文の
「ナメクジげっぷの呪い」。

その呪文の英語・発音、魔法の用途、呪文の語源・由来・意味、登場場面のシーンなどを紹介しています。

スポンサーリンク




呪文・英語・発音

ナメクジげっぷの呪い
Slug-vomiting Charm

呪文の語源・由来・意味

英語でSlugはなめくじ、vomitingは吐くという意味。

魔法の用途

なめくじを吐き続ける呪い。
ある程度吐くと収まる模様。

2年生時のハーマイオニーによると、この呪いをかけるのは難しいらしい。

スポンサーリンク




登場場面シーン

第2巻 ハリー・ポッターと秘密の部屋

【術者】ロン・ウィーズリー
【場面】ハーマイオニーのことを「穢れた血」とののしったドラコに対してロンが、「ナメクジげっぷの呪い」を放つ。

しかし、ロンの杖は壊れていたため、逆噴射してロンに跳ね返る。

ロンは、ハグリッドの家で収まるまでなめくじを吐き続けた。

スポンサーリンク