© WBEI. WIZARDING WORLD Publishing and Theatrical Stage Rights © J.K. Rowling.

【悲報:2022年10月14日死亡 72歳

ハリーポッター(ハリポタ)の映画全シリーズのキャラクターで、主人公ハリーと支え合っていた、ホグワーツの森番、後の魔法生物飼育学教師のルビウス・ハグリッド。

そのハグリッド役の役者俳優ロビー・コルトレーンのプロフィール、今現在の様子、本来の身長や物語の設定身長、見せ方はCGだったのかなどを紹介しています。

メイクや特大ボディースーツも大活用した模様。

スポンサーリンク




母親は教師、父親は医者[1][2][3]。を学び[4]、舞台俳優またスタンダップ・コメディアンとして活躍。その後テレビのコメディ・ショーにも出演するようになる。

ロビー・コルトレーンのプロフィール(ハグリッド役俳優)

ルビウス・ハグリッドは、ハリーポッターの書籍、映画共に全シリーズに登場するJKローリングお気に入りのキャラクターです。

ハグリッドはホグワーツ校では森番や魔法生物飼育学の教授をして、ハリーたちを大いに励まし、助けました。

その役を演じたのは、俳優ロビー・コルトレーン(Robbie Coltrane)。

ロビー・コルトレーンはスコットランド出身の英国人俳優です。

1950年3月30日生まれ。
2022年10月14日死亡。72歳

学歴

グラスゴー美術美術学校で絵画を専攻。

略歴・受賞・勲章

1980年から毎年コンスタントに映画出演。

007シリーズ「ゴールデンアイ」「ワールド・イズ・ノット・イナフ」のマフィア、ヴァレンティン・ズコフスキー役で知られています。

1993~2006年はドラマ「心理探偵フィッツ」(Cracker)に酒好き犯罪心理学者のフィッツ博士として主演。
2006年
エリザベス女王から大英帝国勲章OBEを授与された他、複数の賞を受賞しています。

スポンサーリンク




ロビー・コルトレーンの現在…死亡…

2015年に倒れるなど、体調があまり思わしくなかったとのことで、ここ数年は大きな役は引き受けていませんでした。

そして残念ながら、2022年10月14日に72歳でなくなりました。
死因は臓器不全や糖尿病、肥満など6つの疾患によるもの。
(デイリー・ミラー・オン・サンデー掲載)

最後の出演は、「ハリー・ポッター20周年記念:リターン・トゥ・ホグワーツ」Harry Potter 20th Anniversary: Return to Hogwartsの特別企画番組。

スポンサーリンク




ハグリッドの身長はどのくらい?CGなの?

ハグリッドは人間の父と巨人の母の混血です。
身長の設定は、原作では350cm
映画では、240 cm

ロビー・コルトレーンの身長は、185 cm

埋め合わせとして、CGは一切使わなかったそうです。

撮影の手法として、かかとの高い靴を履いたり、下から撮ったりといったことはしていたようです。

身長だけではなく、体も大きく、お腹もでているようですが、これは自前のときと、そうでないときがあったようです。

撮影シーンによっては2倍くらいの大きさに見せるために、メイクを施したり、特大ボディースーツを着用したりしたとのこと。

スポンサーリンク




ハリーポッターシリーズでの登場

  • 第1作 ハリー・ポッターと賢者の石
  • 第2作 ハリー・ポッターと秘密の部屋
  • 第3作 ハリー・ポッターとアズカバンの囚人
  • 第4作 ハリー・ポッターと炎のゴブレット
  • 第5作 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
  • 第6作 ハリー・ポッターと謎のプリンス
  • 第7作 ハリー・ポッターと死の秘宝PART1
  • 第8作 ハリー・ポッターと死の秘宝PART2
スポンサーリンク