ハリーポッター(ハリポタ)の映画全シリーズの登場人物キャラクターで、主人公ハリーと敵対するドラコに従っていたビンセント・クラッブ。そのクラッブ役の役者俳優ジェイミー・ウェイレットのプロフィールを紹介しています。また、逮捕後の今現在の情報も掲載しています。

スポンサーリンク




Floating treats—always a good idea.

A post shared by Harry Potter Film (@harrypotterfilm) on


【ハーマイオニーが用意した眠り薬入りのケーキを取るクラッブ(右)】

ジェイミー・ウェイレットのプロフィール(ビンセント・クラッブ役)

ビンセント・クラッブは、ハリーポッターの書籍、映画共に全シリーズに登場するキャラクターです。クラッブと共にドラコに従い、ハリー達トリオに敵対します。その役を演じたのが、俳優ジェイミー・ウェイレット Josh Herdmanです。

ジェイミー・ウェイレット(Jamie Waylett)はロンドン出身の英国人子役でした。

1989年7月21日(29才)生まれ。

ハリーポッターのオーティションのエピソード

当初はダドリー役の候補でしたが、コロンバス監督のオーティション後、クラッブ役に抜擢されます。

その後、「第6作 ハリー・ポッターと謎のプリンス」まで出演。後続の作品にも登場するはずでした。しかし…

薬物乱用事件で逮捕

2009年4月7日に大麻所持が発覚。
2009年7月9日大麻所持容疑で逮捕。
2009年7月7日に母親の自宅で大麻を育てていたことが発覚。

暴動での略奪行為で逮捕

黒人男性が警察官に射殺されたことをきっかけに、2011年8月からイギリス各地で起こったイギリス暴動に参加。その際、誰かが盗んだアルコールの飲酒をしたので略奪行為に関与したとされ、2012年3月に禁錮2年の判決が言い渡されます。

その後

ホグワーツ仲間のラベンダー・ブラウン役、ジェシー・ケイブはガーディアン紙のオピニオン欄で「ジェイミーはたまたま間が悪かっただけだと信じている。刑期を終えたら、またスクリーンに戻ってくることを期待している」と語っていました。

しかし、時期的には刑期が終わっているはずなのに消息は不明のまま。

スポンサーリンク




ハリーポッターシリーズでの登場

第1作 ハリー・ポッターと賢者の石
第2作 ハリー・ポッターと秘密の部屋
第3作 ハリー・ポッターとアズカバンの囚人
第4作 ハリー・ポッターと炎のゴブレット
第5作 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
第6作 ハリー・ポッターと謎のプリンス

公式サイト・SNS・ツイッター・インスタグラム

なし。

以前の公式サイトのアーカイブが残っています。

スポンサーリンク