「我が目、そしていかに我が目を通り越して見るか」は、ハリー・ポッターに登場する魔法界の占いに関する本です。

それが、魔法省に潜入したアル、スコーピウス、デルフィーニが、魔法大臣ハーマイオニーのオフィスに置いてあるのを見かけました。

スポンサーリンク




「我が目、そしていかに我が目を通り越して見るか」の概要

【英語】
「我が目、そしていかに我が目を通り越して見るか」
My Eyes and How to See Past Them

【著者】
シビル・トレローニー
(ホグワーツ魔法魔術学校の占い学の教師)

【内容】
占いに関して。

ハリー・ポッターの登場作品

  • ハリー・ポッターと呪いの子