ハリーポッターに出てくるホグワーツの教科書「怪物的な怪物の本」についてまとめています。

スポンサーリンク




「怪物的な怪物の本」とは?

怪物的な怪物の本(The Monster Book of Monsters)はホグワーツの魔法動物飼育学の教科書としてハグリッドが指定した本。

本はカニのように歩いたり、噛みついたり、飛んだりする。

本同士でも本が破けるほどの噛み付き合いをする。

1932年にユーラリー・ヒックスが持っていたニュートの偽造トランクを襲撃してきた魔法使い達が、その中に入っていた怪物的な怪物の本に逆に襲われた。

怪物的な怪物の本を大人しくする方法

怪物的な怪物の本は、表面を撫でてあげると、大人しくなる。

ホグワーツの生徒達は次のものを使って、本が暴れないようにしていた。

  • ベルトを巻く
  • 紐で縛る
  • クリップで止める
  • スペロテープを巻く
  • ぴったりした袋に入れる

本が売っている場所

フローリシュ・アンド・ブロッツ書店

登場作品

  • 第3巻 ハリー・ポッターとアズカバンの囚人
  • 第4巻 ハリー・ポッターと炎のゴブレット
  • 第5巻 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
  • 第6巻 ハリー・ポッターと謎のプリンス
  • 第7巻 ハリー・ポッターと死の秘宝
  • ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密
スポンサーリンク