「ハギス」は、ファンタスティックビーストに登場する料理。

英語、登場シーン・作品、「ハギス」の概要などをまとめています。

スポンサーリンク




ハギスの英語

【日本語】ハギス
【英語】haggis

ハギスとは?

ハギスとは、英国スコットランドの伝統的な詰め物の料理。

羊の心臓、肝臓、肺と言った臓物をミンチにして、オート麦、玉ねぎ、ハーブ、胡椒、牛脂、などを混ぜて羊の胃袋に詰めて茹でるか蒸すかをしたもの。

臓物の割合や、一緒に混ぜるものは、さまざまなバリエーションがある。

ハギスはスコッチウィスキーをかけたり、ともに食したりする。

スコットランドの18世紀に存在した国民的詩人ロバート・バーンズの誕生日1月25日の夜は、その生涯や作品を称えるためにバーンズ・ナイトと呼ばれる行事が開催される。
その日は、バーンズサパーと称される夕食のメインディッシュにハギスを食べる習慣がある。

バグパイプを演奏しながら運ばれてきたハギスを前にして、バーンズ作の「ハギスに捧げる詩」が朗読されて、ハギスにナイフを入れる儀式が行われる。

ハギスのファンタビ登場作品

第2巻 ハリー・ポッターと秘密の部屋

ハギスの登場シーン

「ハギス」は魔法の食べ物ではなく、普通の食べ物。

ほとんど首なしニックの500回目の絶命日のパーティに、腐ったハギスが料理として出されていた。

招待されていたゴーストは、料理をすり抜ける形で味わっていた模様。

スポンサーリンク




ハギスのレシピ

ハギスの作り方

ハギスがどうやって作られるかの動画。

ハギスの大量生産。

ハギスの食べ方

屋台で食べる。

スポンサーリンク