Harry Potter ハリーポッターに出てくる呪文と魔法の
Flagrate フラグレート 焼印
の呪文の発音、魔法の用途、呪文の語源・由来・意味、登場場面のシーンなどを紹介しています。

スポンサーリンク




呪文と発音

フラグレート 焼印
Flagrate
fləˈɡreɪtiː/ flə-gray-tee

魔法の用途

焼印をつくる。

呪文の語源・由来・意味

ラテン語でFlagrateは火傷の意味。

スポンサーリンク




登場場面のシーン

術者 場面
第2巻 ハリー・ポッターと秘密の部屋
トム
リドル
秘密の部屋でこの呪文を使って「 Tom Marvolo Riddle」と描いてハリーに見せた。その後「I am Lord Voldemort」と文字の配置換えをして、自身がヴォルデモートだと名乗った。
第5巻 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
ハリー
ポッター
魔法省の神秘部のバトルの時に、一度確認した部屋を二度と確認しないためにこの呪文を使ってドアにxの焼印を付けた。
スポンサーリンク