「蛙チョコレート」は、ハリーポッターに登場するお菓子。

英語、登場作品・シーン、「蛙チョコレート」の概要などをまとめています。

スポンサーリンク




「蛙チョコレート」の英語

蛙チョコレート
Chocolate Frogs

「蛙チョコレート」のハリー・ポッター登場作品

  • 第1巻 ハリー・ポッターと賢者の石
  • 第3巻 ハリー・ポッターとアズカバンの囚人
  • 第4巻 ハリー・ポッターと炎のゴブレット
  • 第5巻 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
  • 第6巻 ハリー・ポッターと謎のプリンス
  • 第7巻 ハリー・ポッターと死の秘宝
  • ハリー・ポッターと呪いの子
  • ホグワーツの謎
  • ハリー・ポッター:魔法同盟
  • ハリー・ポッター:パズル&スペル

「蛙チョコレート」の概要

「蛙チョコレート」は魔法界のお菓子。
味については作品で触れていない。
有名な魔法使いのカード(動く肖像画像)が一枚入っている。

「蛙チョコレート」の登場シーン

ハリー・ポッターはホグワーツ特急に初めて乗ったときに、車内販売で蛙チョコレートを含めた全種類のお菓子を買う。
蛙チョコレートで、ダンブルドア校長のカードなどを引き当てた。

ハリーはホグワーツ1年生のクリスマスプレゼントにハーマイオニーから蛙チョコレートをもらい、その残りをネビルに一つあげた。
ハリーは怪しげな男にフラッフィーを眠らせる術を教えてしまって後悔しているハグリッドに蛙チョコレートをあげた。

ホグワーツ3年生時に、ハリーは吸魂鬼を追い払うために守護霊を呼び出す特訓をルーピン先生から受けていて、失敗したときに蛙チョコレートをもらった。

ホグワーツ4年生に、三本の箒でハンナ・アボットとアーニーが蛙チョコレートのカードを交換していた。ハリーはクリスマスプレゼントにハグリッドから蛙チョコレートやその他たくさんの魔法界のお菓子をもらった。また、ダンブルドアにどうしても会う必要があったときに、校長室へ続く階段を守るガーゴイルへの合言葉を蛙チョコレートも含めていくつも試した。

ホグワーツ5年生の年度末にロンはハリー、ジニー、ネビルに蛙チョコレートをあげて、自分も食べた。

スコーピウス・マルフォイが初めて乗るホグワーツ特急で車内販売の魔女が蛙チョコレートなどを売っていた。

スポンサーリンク