Harry Potter ハリーポッターに出てくる呪文と魔法の
Sonorus ソノーラス 響け
の呪文の発音、魔法の用途、呪文の語源・由来・意味、登場場面のシーンなどを紹介しています。

スポンサーリンク




呪文と発音

ソノーラス 響け
Sonorus
sɒˈnɔərəs/ son-nohr-əs

魔法の用途

呪者の声をスピーカーやメガホンを使ったように大きく響かせる。

呪文の語源・由来・意味

ラテン語sonorusは大きな声・音、うるさいという意味。

関連する呪文

反対呪文はクワイエタス 静まれ Quietus。

スポンサーリンク




登場場面のシーン

術者 場面
第4巻 ハリー・ポッターと炎のゴブレット
コーネリウス
ファッジ
クィディッチのワールドカップの際の開会宣言に使用。
ルード
バグマン
クィディッチのワールドカップと三大魔法学校対抗試合の時に、「ソノーラス 響け」の呪文を使って大音量の声を出した後、「クワイエタス 静まれ」呪文で元に戻した。
第7巻 ハリー・ポッターと死の秘宝
ヴォルデモート 第2次ホグワーツの戦いの時に、学校全体に自分の声を届けるために使用。
スポンサーリンク