Harry Potter ハリーポッターの映画に出てくる呪文と魔法の
Lumus Solarumルーマス・ソレム 太陽の光よ
の呪文の発音、魔法の用途、呪文の語源・由来・意味、登場場面のシーンなどを紹介しています。

スポンサーリンク




呪文と発音

ルーマス・ソレム 太陽の光よ
Lumus Solarum
ljuːmɒs sɒl.ɛə(ɹ).iː.ʌm

魔法の用途

杖の先から、とても明るいビームのような光を放つ。

呪文の語源・由来・意味

ラテン語lumenは光、 solisは太陽のという意味。

スポンサーリンク




登場場面のシーン【映画オリジナル】

術者 場面
第1巻 ハリー・ポッターと賢者の石
ハーマイオニー
グレンジャー
賢者の石を守るために教師陣が仕掛けた罠の内の一つ、スプラウトが仕掛けた生き物を絞め殺す蔓草、悪魔の罠。それに引っかかって絞め殺されそうになっていたロンを助けるために、悪魔の罠の弱点である日光を当てるべく、ハーマイオニーがこの呪文を使用して退治した。
スポンサーリンク