ハリー・ポッター(ハリポタ)の登場人物キャラクター、ラベンダー・ブラウンについて、書籍の原作に基づいたプロフィール(容姿、守護霊、魔法関連他)と原作と映画の死亡の違い、映画の歴代役者俳優(女優)と吹き替え声優などを紹介しています。

スポンサーリンク




ラベンダー・ブラウンのプロフィール

Flying into the #weekend like…

A post shared by Harry Potter Film (@harrypotterfilm) on

ラベンダー・ブラウンは、ホグワーツ校でハリーポッターと同級生で、ハーマイオニーのルームメイト。パーバティ・パチルと仲が良い。二人とも3年生になって自由選択科目で選択した占い学が大好きになり、シビル・トレローニーを信奉する。

5年生でハリーポッターが訴えたヴォルデモートの復活を当初は信じていなかったものの、ダンブルドア軍団に参加。6年生になり、ロン・ウィーズリーと付き合うが、ロンがハーマイオニーに思いを寄せていることを察して別れる。7年生では、第二次ホグワーツの戦いで戦う。

第二次ホグワーツの戦いの違い!原作で生き残り、映画で死亡

原作

人狼フェンリール・グレイバックに攻撃された後、更に噛みつかれそうになったところを危機一髪でハーマイオニーに救われてその場ではかろうじて生き残る。ただしその後、完治したのか、後遺症があるのか、死亡したのかは不明。

映画

「死の秘宝 PART2」でフェンリール・グレイバックの攻撃で致命傷を負わされる。ハーマイオニーが駆けつけてグレイバックに反撃して吹き飛ばし、シビル・トレローニーがその頭に水晶球を落とす。しかし、横たわるラベンダーは死亡。

名前 ラベンダー・ブラウン
Lavender Brown
誕生日 1979年9月1日〜1980年8月31日の間
属種 人間 純血
性別 女性

容姿

ラベンダー・ブラウンの容姿は、原作では触れられていない。

映画では、「第1作 秘密の部屋」と「第3作 アズカバンの囚人」
の女優は黒人だった。「第6作 謎のプリンス」から白人に変わった。

学歴

出身校 ホグワーツ魔法魔術学校(1991年入学)
出身寮 グリフィンドール
所属 ダンブルドア軍団

魔法関連

基本杖 詳細不明
守護霊 実体化なし
ボガート ネズミ、ガラガラヘビ、血に塗れた眼球のうちのいずれか

家族

純血の両親がいることだけしかわかっていない。

スポンサーリンク




登場シーン

第1巻 ハリー・ポッターと賢者の石(書籍)
第2巻 ハリー・ポッターと秘密の部屋(書籍・映画)
第3巻 ハリー・ポッターとアズカバンの囚人(書籍・映画)
第4巻 ハリー・ポッターと炎のゴブレット(書籍)
第5巻 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(書籍・映画)
映画は名前が出てきただけ。
第6巻 ハリー・ポッターと謎のプリンス(書籍・映画・ビデオゲーム)
第7巻 ハリー・ポッターと死の秘宝(書籍・映画・ビデオゲーム)
Pottermore

映画 役者俳優(女優)・吹き替え声優

歴代俳優 ●キャスリーン・コーリー(第1作 秘密の部屋)
●ジェニファー・スミス(第3作 アズカバンの囚人)
ジェシー・ケーブ(第6作 謎のプリンス〜)
声優 宇野あゆみ
スポンサーリンク

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.