ハリーポッターシリーズの書籍第1巻「ハリー・ポッターと賢者の石」。
その日本での出版20周年を記念して、展覧会「ハリー・ポッターと魔法の歴史」(Harry Potter: A History of Magicの国際巡回展)が日本で開催されます。

大英図書館が主催する大規模な展覧会で、英国ロンドン、続いて米国ニューヨークで展示。
日本は3カ国目の開催国となり、神戸と東京と東京で2020年9月~2021年2月まで開催されます。

ホグワーツの授業科目や、シリーズに登場するファンタスティックビースト(魔法生物)に纏わる資料を大英図書館が保存する選り抜きの資料が展示されます。

スポンサーリンク




「ハリーポッターと魔法の歴史」の概要

場所・日程・主催

兵庫県立美術館

【開催期間】2020年9月5日(土)~11月8日(日)
【主催】兵庫県立美術館、大英図書館、読売新聞社

東京ステーションギャラリー

【開催期間】2020年11月21日(土)~2021年2月7日(日)
【主催】東京ステーションギャラリー、大英図書館、読売新聞社

展示内容

ハリーが通ったホグワーツ魔法魔術学校のカリキュラム関連の展示。

  • 錬金術
  • 薬学
  • 呪文天文学、他

魔法生物に関する展示。

  • フェニックス
  • ドラゴン、他

J.K.ローリング氏に関する展示。

  • 直筆原稿
  • スケッチ、他

詳細は2019年末に発表予定。

スポンサーリンク