「ココナッツ・キャンディ」(ココナッツアイス)は、ハリーポッターに登場するお菓子。

英語、登場作品・シーン、「ココナッツ・キャンディ」の概要、フロリダのユニバーサルのファンレポやファンのレシピなどをまとめています。

スポンサーリンク




「ココナッツ・キャンディ」の英語

四角いピンクのココナッツ・キャンディ(英語ではココナッツ・アイス)
Pink square of coconut ice

「ココナッツ・キャンディ」のハリー・ポッター登場作品

第3巻 ハリー・ポッターとアズカバンの囚人

現実世界の「ココナッツ・アイス」

ココナッツ・アイスはイギリスのお菓子。
乾燥または生のココナツを刻んだり、すり潰したして、砂糖と練乳で固め柔らかいスイーツ。
半分ピンクで色付けされていることが多い。

大英帝国圏だった、南アフリカ、オーストラリア、ニュージーランドにもある。

「ココナッツ・キャンディ」の登場シーン

味や魔法がかかっているか、など関しては作品で触れていない。

ホグワーツ3年生時に一人だけホグズミード村への外出ができなかったハリーに、フレット&ジョージ・ウィーズリーが忍びの地図をくれた。そのおかげで、ハリーは秘密通路を使ってホグズミード村へこっそりと行く。秘密通路の出口のハニーデュークスの地下から透明マントを被って店内に入ると、魔法界のお菓子やココナッツ・キャンディなどがあった。

スポンサーリンク




ファンのレシピ

ファンレポ|フロリダのユニバーサルで買えるPink Coconut Ice