ハリーポッターに登場する、アリアナ・ダンブルドア。

アルバス・ダンブルドアの妹、アリアナの書籍原作に基づいたプロフィールやその死についてまとめています。

スポンサーリンク




アリアナ・ダンブルドアのプロフィール

アリアナ・ダンブルドアは、半純血の魔法使い。
父は純潔魔法使い。母はマグル出身。
3人兄妹の末っ子。

ホグワーツ魔法魔術学校の校長アルバス・ダンブルドアは長兄。
ホッグズ・ヘッドのバーデンアバーフォース・ダンブルドアは次兄。

アリアナは、アバーフォースのお気に入りで、溺愛されて誰よりも上手に世話をしてもらっていた。

父は獄死。家族はゴドリックの谷へ

アリアナは幼ないころ、裏庭で魔法を使っていたのをマグルの少年達に目撃されて暴行を受ける。
父はその少年たちに復讐したので、アスカバンに投獄されてそこで亡くなった。

後、ダンブルドア家はアリアナを守るために、ゴドリックの谷へ転居した。

アリアナ、死す

やがて、母も死亡。
夏にゴドリックの谷へ遊びにきていた、ゲラート・グリンデルバルドの死の秘宝を探しとマグル支配の考えに兄アルバスが賛同。

不満を唱えたしたアバーフォースと三者乱戦に。
その巻き添えを受けてアリアナは死んだ。
事件後にグリンデルバルドは旅立つ。

アリアナの肖像画

アリアナの肖像画が、ホッグス・ヘッドの2階に飾られていた。
そこからホグワーツ城の必要の部屋に通じている。

ホグワーツ最後の戦いの際に、ハリーやその味方はこの通路を通じてホグワーツに入城した。

スポンサーリンク




個人データ

本名 アリアナ・ダンブルドア
Ariana Dumbledore
誕生 1885年
1899年夏に没(14歳)
居住地 英国ゴドリックの谷
属種 人間 魔法使い 半純血
性別 女性
容姿 ブロンド

家族

パーシバル・ダンブルドア(純血)
ケンドラ・ダンブルドア(マグル出身の魔法使い)
長兄 アルバス・ダンブルドア
次兄 アバーフォース・ダンブルドア
叔母 オノリア

登場作品

7巻「ハリー・ポッターと死の秘宝」に肖像画として登場。

映画役者

ヘーベ・ベアードサル