「ハリー・ポッターと秘密の部屋」の20周年記念版は各4寮ごとに4種類あります。
(ハードバックとペーパーバックを合わせると8冊)

その内容や違いを知りたいと思いませんか?

ここでは、各寮の本の内容やイラストの内容と違いを紹介しています。

現在は英語版のみ発売されていて、日本語版は発売されていません。
この目次は英語版をこちらで翻訳したもので、後日出版される日本語版とは表現が異なるかと思います。

スポンサーリンク




「ハリー・ポッターと秘密の部屋」20周年記念版の各寮本ごとの内容の違い

★「賢者の石」20周年記念版と同じ内容のもの。

各4寮共通の同じ内容

  • 従来の物語の本文(本編)
  • ★ホグワーツ魔法魔術学校の地図(イラスト)
  • The Alumni  of Hogwarts
    ホグワーツ卒業生のクイズ(他寮版と同じ内容)

4寮ごとに違う内容

    • ★表紙のカラー
    • 表紙のイラスト(中心の蛇は同じだが、その周りのデザインは微妙に違う)
    • ★創立者のイラスト

 

  • An Introduction
    はじめに(各寮の説明「賢者の石」とは違う説明)
  • The House-Elves of Hogwarts
    ホグワーツの屋敷しもべ妖精(イラスト・説明)

    • グリフィンドール クリーチャー
    • ハッフルパフ ホキー
    • スリザリン ドビー
    • レイブンクロー キッチンのエルフ
  • House Symbols and Inspirations
    寮の紋章とインスピレーション
スポンサーリンク




英語版のハードバックとペーパーバック

ハードバックとペーパーバックの内容は同じです。
違いとしてはは、表紙のカラーと、ハードバックの方が表紙が厚く、重たく、価格が高いことです。

スポンサーリンク