https://quidditchchampions.wbgames.com/en

ハリーポッターの物語に登場する魔法界のスポーツ、クィディッチについてまとめています。

そもそもクィディッチとは?
ルール、ポジション、コート、ボールの種類など。






クィディッチとは?

クィディッチとは、魔法界で一番人気のスポーツ。

各7人構成の2つのチームが、箒に乗って空をかけて、ボールをゴールに入れたり、掴んだりして得点をして競う。

クィディッチのコート

クィディッチのコートは野外にあり、楕円形で、その上空を立体的に飛び回って使う。

楕円形の両端には、円形の穴の空いたポールが3本ずつ立っている。

コートの周りには観戦席が立体的に設置されている。

クィディッチの4ポジション

クィディッチの1チームは7人で以下の4ポジションがある。

  • チェーサー(3人)
  • ビーター(2人)
  • キーパー(1人)
  • シーカー(1人)

チェイサー

【役割】クアッフルを投げて相手のゴールに入れる
【道具】箒

ビーター

【役割】飛び回るブラッジャーをバットで打って、味方に当たらないように、対戦相手に仕向けるようにする。
【道具】箒、バット

キーパー

【役割】キーパーは、3つある円形の味方のゴールを飛び回って守り、対戦相手が入れようとするボールをを防ぐ。
【道具】箒、手・体・頭のプロテクター

シーカー

【役割】シーカーは、ゴールデンスニッチを掴むのが役目。
【道具】箒

クィディッチのボール

  • 【クアッフル 1球】サッカーボールくらいの大きさの赤いボール。相手のゴールに入れると10点入る。
  • 【ブラッジャー 2球】クアッフルより少し小さい黒いボール。ロケットのように勝手に飛び回って、選手を箒から落とそうとする。
  • 【金のスニッチ 1球】くるみサイズの大きさの金色のボールで、羽根がついていて競技場内を高速で飛ぶ。
    掴むと150点入り、その時点で試合が終了する。

クィディッチのルール

クィディッチのルールは、7人1組の2チームが得点を競い合い、多く点数を取った方が勝ちとなる。

得点する方法は2つ。

チェーサーがクアッフルを相手のゴールに1回入れると10点入る。

得点が入ると、失点したキーパーがボールを空中に投げて、試合が続行される。

シーカーが金のスニッチを掴むと150点の得点を得る。

金のスニッチを取った時点で、試合は終了する。

その他、両チームのキャプテンが合意すれば試合は終了する。
(クィディッチ今昔より)

ハリー・ポッター ホグワーツ ライブラリ・ブック ホグワーツ図書館の本 著:Rowling, J.K., 著:ウィスプ, ケニルワージー, 翻訳:まつおか, ゆうこ
¥628 (2023/06/05 20:17時点 | Amazon調べ)






現実世界でもクィディッチはプレイされている。