ハリー・ポッター(ハリポタ)シリーズに登場する、史上最強の悪役ヴォルデモートの祖母メアリー・リドル。

そのプロフィールをまとめて掲載しています。

スポンサーリンク




メアリー・リドル|ハリー・ポッター(ハリポタ)

メアリー・リドルは、ヴォルデモートの祖母。

英国のリトル・ハングルトン村の豪華な館に住んでいた金持ちで、高慢で、礼儀知らずの嫌われ者。

1943年の晴れた夏の日の明け方に、ディナーの正装をしたまま夫トーマスと息子トムと共に死体で見つかる。

存在すら知らなかった孫のトム・マールヴォロ・リドル(ヴォルデモート)に殺害された。

地元の警察は、当初庭番のフランク・ブライスによる犯行と見ていたが、医師の検死の結果、傷・毒・病気など何もなく、恐怖による不可解な死として処理された。
メアリー・リドルは、夫と息子と共にリトル・ハングルトン村の墓地に葬られた。

スポンサーリンク




データ

名前 メアリー・リドル
Mary Riddle
誕生 1883年
死亡 1943年夏(享年59か60歳)
英国 自宅にて
住居 英国リトル・ハングルトン村
属種 人間 マグル
性別 女性
婚姻 既婚
家族 妻:トーマス・リドル
息子:トム・リドル(シニア)
義理娘:メローピー・ゴーント
孫:ヴォルデモート
ひ孫:デルフィーニ

登場作品

  • 第4巻 ハリー・ポッターと炎のゴブレット
  • 第6巻 ハリー・ポッターと謎のプリンス