ハリー・ポッター(ハリポタ)の登場人物キャラクター、マリエッタ・エッジコム。レイブンクロー生でチョウチャンの友人、マリエッタの書籍原作に基づいたプロフィール(ダンブルドア軍団を裏切り、顔に受けた呪い他)などを紹介しています。映画には登場しません。

スポンサーリンク




マリエッタ・エッジコムのプロフィール

マリエッタ・エッジコムは英国出身の純血か半純血の魔法使い。ハリーより一学年上で、チョウ・チャンの友人。

ホグワーツと寮生活

マリエッタはホグワーツに入学するとレイブンクローに組み分けされる。チョウチャンと友人になり、他の女生徒も含めていつも一緒にいた。

チョウ・チャンを支えた深い友情

セドリックの死後、ヴォルデモート復活訴えて魔法省や世論に反するハリーを信じたり、精神不安定気味になったチョウ・チャンから友人たちは離れていく。そんな中、マリエッタだけはチョウの側に残り支える。故に、チョウはマリエッタのことを真の友人たと感じた。

ダンブルドア軍団にいやいや参加

母親は魔法省に勤務しているので、ホグワーツ校内で魔法省の方針に反することをマリエッタに禁じていた。 チョウはハーマイオニーからダンブルドア軍団の参加を誘われた際に、マリエッタも誘う。チョウとは異なり、マリエッタはハリーの言動を信じていなかったので、ホグスヘッドでの結成会の際にも参加表明の署名も、いやいやながらする。

ハリーによるダンブルドア軍団の特訓も、やる気がなる、楽しんだり、進んで学ぼうという姿勢はなかった。 アズカバンから死喰い人が脱獄しても、雑誌「ザ・クィブラー」がハリーの真実の告白を掲載しても、ハリーを信じなかった。(5巻)

ダンブルドア軍団への裏切りと呪い

ダンブルドア軍団の特訓が始まって6ヶ月ほどすると、マリエッタは魔法省の母の方針のプレッシャーに耐えきれなくなった。

夕食後にダンブルドア軍団の特訓場所の「必要の部屋」に行く代わりにアンブリッジのオフィスに向かい、ダンブルドア軍団の存在について告発。

直後にハーマイオニーが参加表明者が署名をした羊半紙にこっそりかけておいた秘密を漏らす裏切り者への呪いが発動。顔に「密告者」という文字を描いた腫れ物ができる。

その場にいた闇祓いで不死鳥の騎士団メンバーのキングズリー・シャックルボルトは、マリエッタがダンブルドア軍団の全ての秘密を漏らさないように、忘却呪文をマリエッタにこっそりかけた。

ダンブルドアがダンブルドア軍団の責任者として責任を取り、魔法省闇祓いとの小バトルを校長室で繰り広げて、ダンブルドアが消え去るのをマリエッタは見ることになる。

マリエッタは医務室でマダム・ポンフリーに治療してもらうが、腫物は少しの改善すらなかった。

その顔を見たチョウは、ハリーに抗議。

ハリーも裏切ったマリエッタのせいでダンブルドアが責任を取り、メンバーを危険にさらしたとして抗議。

チョウとハリーの恋仲はここで終わる。(5巻)

7年生として、ホグワーツ急行で学校に向かうマリエッタと寄り添うチョウをハリーは見かける。

マリエッタとは言葉は交わさなかったが、マリエッタの腫れ物は、厚化粧をしても隠しきれていなかった。(6巻)

ホグワーツの最後の戦いにチョウは参戦しているが、マリエッタについては不明。
その後の消息もわかっていない。

本名 マリエッタ・エッジコム Marietta Edgecombe
誕生日 1978年9月1日〜1979年10月31日
出身 英国
属種 人間 魔法使い 純血か半純血
性別 女性

外見

赤みがかったブロンドのカーリーヘア

学歴

出身校 ホグワーツ魔法魔術学校(1990年入学)
出身寮 レイブンクロー
所属 ダンブルドア軍団

家族

名前など詳細は不明
名前など詳細は不明。魔法省勤務
スポンサーリンク




登場シーン

第5巻 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(書籍・ビデオゲーム)
ビデオゲームでは名前が出てくるのみ
第6巻 ハリー・ポッターと謎のプリンス(書籍)
Pottermore(J・K・ローリングのサイト)
スポンサーリンク