映画ハリー・ポッターの新作をワーナー・ブラザーズ・ディスカバリー側が希望していることを、CEOのデヴィッド・ザスラフ氏が2022年11月3日の第3四半期の株主総会で発表しました。

ただし、JKローリング氏とは、また対話をしていない模様。

ファンタスティックビーストシリーズの続編があるかどうかは未定。
(情報源:米Variety

ワーナー・ブラザーズ・ディスカバリーは、ワーナーメディアとディスカバリーが2022年4月に合弁して作られた会社です。

合弁後は方針を一新。
世界的に好評のシリーズ物の新作を集中的に製作したいとのことです。

「ハリー・ポッター」「スーパーマン」「バットマン」「ロード・オブ・ザ・リング」「ゲーム・オブ・スローンズ」「セックス・アンド・ザ・シティ」など。

スポンサーリンク