ハリー・ポッター(ハリポタ)に登場する、ハロルド・ディングルとは?

ハロルド・ディングルについて、書籍の原作に基づいた紹介しています。

スポンサーリンク




ハロルド・ディングルのプロフィール

ハロルド・ディングルは魔法使いで、ホグワーツ生。
寮や学年は不明で本人自体は登場しない。

ハリーたちが5年生時のOWL試験前に、飲むと数時間脳が活性化して悪知恵が働くの「ドラゴンの爪の粉末」と称したものを持っていたが、ハーマイオニーに没収された。

ハーマイオニーによると、それはドクシーの糞を乾燥させたもので偽物だったとのこと。

また、ハロルド・ディングルは、OWL試験後のグリフィンドール談話室でのパーティ用に、ファイア・ウィスキーをシェーマス・フィネガンディーン・トーマスに少し闇取引をしていたもよう。

それ以外にハロルド・ディングルの名前は登場していない。

スポンサーリンク




名前
英語
ハロルド・ディングル
Harold Dingle
誕生日 不明
出身 英国かアイルランド
属種 人間 魔法使い
性別 男性
出身校 ホグワーツ魔法魔術学校
ハリーが5年時に在学していた
スポンサーリンク




登場作

名前が出てくるだけで、本人は登場しない。

  • 第5巻 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
スポンサーリンク