ハリーポッター(ハリポタ)シリーズに出てくる「ウィーズリー・ウィザード・ウィーズ」(WWW)で扱ういたずらグッズの「食べられる闇の印」。

「食べられる闇の印」の書籍の原作に基づいてまとめています。

スポンサーリンク




食べられる闇の印|ハリーポッター(ハリポタ)

「食べられる闇の印」(Edible Dark Mark)は、フレッド&ジョージ・ウィーズリーが、ダイアゴン横丁の悪戯用品専門店「ウィーズリー・ウィザード・ウィーズ」(WWW)で販売するジョークグッズの一つ。

【画像:手前の黄色の皿に乗っているのが「食べられる闇の印」】

用途・特徴

「食べられる闇の印」は、食べると誰でも吐き気がするもの。

登場シーン

WWW店内で、少年が「食べられる闇の印」を万引きしようとしていた模様。
それを見かけたジョージは、「万引きをすると、ガリオン金貨よりも高くつく」と忠告すると、少年は慌てて手を引っ込めた。

スポンサーリンク




登場作品

第6巻 ハリー・ポッターと謎のプリンス

スポンサーリンク